宮國選手やMASAさん

宮國選手といえば巨人(ジャイアンツ)に所属しているプロ野球選手です。

糸満高校の出身で、とても身近にいた人なんです。今も糸満高校の野球部は強豪校として知られていますし、

 

部員が坂道を走っている姿を見たことあるという方も多いのではないでしょうか?

 

 

また、マジシャンのMASAさんも糸満出身で、マジシャンの先輩でもあるセロさんの動画をみて、世界へと羽ばたいていった方です。

 

現在は沖縄県内の事務所と契約して県内を中心に活動しているようです。

miyaguni

masa

糸満出身というフレーズを聞くだけで

 

その人の存在を身近に感じることが出来たり、実際に自分もその道に進みたいなど

 

波及効果や還元されているものは計り知れません。

 

こういう繋がりの中から、また、次のスターが生まれてくるんでしょうね^_^

実は、演劇には無限の可能性が!

演劇というと、文化祭や行事ごとなどが連想されるかと思いますが

 

現在、沖縄県内においても数多くの劇団が存在していて大人が夢中になって必死になってやっていたりします。

 

何故大人が夢中になるのか?

 

誰かにやらされているものではなく、自分たちで考えて、協力して、お客さんと一体になって、

 

そこで得られる体験はかけがえのないものとなります。

 

その他にも、多くの役を経験することで「あ!こういう人生があるんだー!」「生き方がカッコいい!」など

 

自分の視野が広がっていきます。その結果、他人に対して、優しくなれたりするんです。

 

また、表現力がついたことで、コミュニケーションも上達したり、単純に外見的にも素敵になったりと、

 

演劇がもたらしてくれる財産はとても多いです。

演劇のおかげで笑顔が増えた

演劇を通して戦争を知った

役のおかげでお医者さんが好きになった

他人を想いやる想像力がついた

などなど、すごくたくさんの良いことがあります!

 

そして、どれも演劇ならではの体験の中から学べるというのが魅力ではないでしょうか?

 

そんな学びの体験の場を増やしたい!!

 

そういった想いから、糸満市演劇向上委員会は生まれました。

 

だからこそ!まずは、今までにないことから始めてみようと一歩を踏み出してみました!!

 

今までにないこと、、それは、

 

子供たちに向けた無料公演を毎週やる!!

 

ということです。何故誰もやっていなのかを想像すると、おそらく、

思いつかなかったということもあるかもしれませんが、

 

一番は「無料」というところではないでしょうか。プロの俳優さんであればあるほど、

出演料というのは生活に直結してきますから無視出来ない問題です。

 

無料公演をするというのは負担が大きいのです。そこで糸満市演劇向上委員会は

糸満市のスタートアップ事業の助成制度を活用させて頂いたのです。

 

市が、私共の熱意を受け取ってくれたことも一つありますが、

何より、この演劇事業の成功に期待して未来を託してくれたと思っています。

 

演劇を通して発想力豊かな子供たちを育てる。

そんな使命感をもとに、今まで誰もやらなかった無料公演を開始したいと思います!!

名付けて「モクゴの演劇教室!!」

無料ですから、ぜひ一度参加してみましょう!!